MENU

TCL 32S5200A登場!おすすめスマートテレビのメリット・デメリットはなんだ?スペック&性能徹底解説

きのぴぃ

この記事を書いた人(きのぴぃ)
部品メーカー広告宣伝記事
電気系の雑誌や無線雑誌の元ライターをやってました。
以前よりガジェット集めをやっており、本業(電子機器メーカー勤務)の知見を活かしたレビューが得意です。

急成長中のTCLというメーカーから、新たな液晶テレビの星、TCL 32S5200Aが登場!この製品は、その革新的な技術と高品質な製品で知られるTCLの最新の試みとして、世界中のテレビ愛好者の心をつかむこと間違いなしと言える。

TCLは、1981年に中国で設立されて以来、その革新的なテクノロジーと高品質な製品で名を馳せています。特に液晶テレビの分野での成功が目覚ましく、その洗練されたデザインと先進的な機能が視聴体験を新たなステージへと引き上げている。

TCL 32S5200Aは、そのスリムでモダンなベゼルレスデザインが特徴。さらに、Android TVを搭載した使いやすいインターフェイスを搭載し、スマホのように拡張性が高い。

このモデルも例外ではないが、すべての製品にはメリットとデメリットがある。購入したTCL 32S5200Aをレビューをすると共に実際に使って分かったメリット、デメリットを紹介したい。

目次

急成長中のTCLというメーカー

TCLは、世界をリードする家電とコンシューマエレクトロニクスのメーカーの一つ。1981年に中国でTTK家庭電器(恵州)有限公司として設立されて以来、TCLは革新的なテクノロジーと高品質な製品を提供し続けている。現在、TCLは世界中でその製品を販売し、特に液晶テレビの分野での成功が注目されている。

TCLの液晶テレビは、その洗練されたデザインと先進的な機能で、高解像度のディスプレイ、鮮やかな色再現、そしてスムーズなユーザーインターフェイスは、視聴体験を新たなレベルへと引き上げてくれる。

TCL製の液晶テレビは、価格もさることながら、最新の技術と優れた品質を求めるユーザーにとって、理想的な選択肢となっているのは承知の所だ。

スマートテレビTCL 32S5200Aの特徴

TCL 32S5200Aは、そのスリムでモダンなデザインが目を引く。ベゼルレスのデザインと洗練された外観は、どのようなインテリアにも合う。

次に、ユーザーインターフェイスに注目したいと思う。このテレビは、android TV OSで使いやすいインターフェイスとスムーズな操作性を提供。さらに、スマート機能も豊富で、android TV用の様々なアプリケーションをインストールでき、自分好みのテレビにすることが可能だ。

スマートテレビTCL 32S5200Aのスペックと性能

次に、解像度、画面サイズ、接続オプションなど、テレビの主要なスペックを紹介しよう。

画面32インチ
バックライト方式直下式LED コントラスト比3000:1
画面寸法 (mm)幅698 x 高さ393 x 対角801
応答速度9.5ms
画素数1920 x 1080
視野角178/178  (JEITA規格,CR>=10)
駆動方式標準速度(60Hz)
重量4.4kg
AVビデオ音声入力あり
CEC対応Ver1.4a 全ポートHDMI
USBUSB2.0 1個
ARC出力HDMI ポート1使用
HDCPHDCP2.0コンテンツ保護対応
LANあり
HDMIHDMI (Version 1.4a) x 2個 最大1080p映像入力
ヘッドホン出力あり
Wi-Fi内蔵あり
光デジタル音声出力あり
地上デジタル(CATVパススルー対応)2
BS・110度CSデジタル2
VOD機能 Youtube/NetFlix/Hulu/Amazon Prime Video/dTV/U-NEXT/GYAO/ AbemaTV!/SOD/Rakuten TV/ FOD/AWA等)
クロームキャスト機能あり
マルチメディア プレイヤーあり
Android TV OS9.0 Google アシスト搭載あり

スマートテレビTCL 32S5200Aを徹底レビュー

スマートテレビTCL 32S5200A

実際に使ってみて分かったコイツのよいポイントは次の通り。

・USB HDDを接続すれば、録画機能が使えるようになる。

・HDMIが2つ付いている。

・TVが普通に使え、ちゃんとデータ放送も利用できる。

・Android OSに対応。ちょっぴり自分好みにカスタマイズできる。

アプリのインストールでさらなる拡張

Android TVとはいえ、Android TV OS9とTV用に特化したOSなので、スマホアプリは流石に入れられないが、対応しているアプリをGoogle Playから入れることが可能。
TV OSのゲームもインストールできるらしいが、ゲームパッドがなければできないらしい。どうしても、Android TVのゲームをプレイしたければ、Bluetooth対応のゲームパッドが必要だ。

スマートスピーカー付きリモコンはBluetoothを使用

リモコンは、Bluetoothを使って接続するタイプだった。TVとのペアリングが必要。Google アシスタントが内蔵されているので、リモコンに内蔵されているマイクに向かって「OK Google」と喋れば、スマートスピーカーとしても使える。

スマートテレビTCL 32S5200Aのリモコン

ネットワーク機能に抜かりなし

本体には、LAN端子+WiFiを装備している。アプリのインストールもさることながら、地上デジタル放送のデータ放送のアクセスの際にも使える。

動画にも対応しており、NETFLIXなど5社はリモコンから直接呼び出せる。Amazon Primeのようにリモコンに表示はないがアプリがインストールされているものは、ホームボタンから呼び出せる。

ディスプレイとしても最適

HDMI対応なので、PC用だけでなく、ゲーム用のディスプレイとしても最適解だ。また、HDDレコーダーなどに接続すれば、電源ON/OFFの連動制御できるので、これまた便利。
PanasonicのHDDレコーダーDUGAで使っているが、快適に使えている。

スマートテレビTCL 32S5200Aのメリット・デメリット

【メリット】

Android TV OSに対応しており、拡張性が高い。そのため、ボタンがない動画配信サービスを見たい場合、アプリさえあれば見ることが可能。VPNのアプリもある。

USB HDDで録画予約していても、電源を切っても録画されないということがない。リモコン側でなく、TV側から電源を切ると、なぜか録画予約がキャンセルされてしまうというお粗末なTVを以前使っていたので、これは正直に嬉しい。

大手動画配信サービスはリモコンに登録されている。

【デメリット】

折角、Android TVに対応しているのに、専用スマホアプリが残念な感じ。簡単な操作しかできないのでは、リモコン以下であり、あまり意味がない気がする。動画の選択や録画の操作もできればよかったのに。

付属のリモコンは、折角Bluetoothを使っているのに、飛びが悪い印象。反射しながらでも届く赤外線リモコンの方がよかったかも。

手持ちのiPhoneとは相性が悪く、TVでの表示ができる時とできない時がある。Chromecast内蔵なので、Androidスマホとは融和性が高く、スマホ画面をキャストすることができるのは確認済。Android OSを使っている以上、仕方ないか…。

電源ランプは、消灯時に白く光るので、HDMI使用時にうっかり電源を消し忘れすることも…。家族が、うっかりテレビの電源を消し忘れ、早朝に爆音でテレビからの音で起こされる羽目に。

スマートテレビTCL 32S5200Aのまとめ

TCLは、世界シェア第3位のメーカーで、パナソニックがTVの生産委託をしようとしていることでも知られている。今や、中国製の物なくしては、我々の生活が成り立たないのではないか。

中国製というと壊れやすいのが定説ではあった。技術力がないメーカーは、あえてメーカー名を出さないのだ。なので、故障しても知らんぷり(販売店泣かせではあるな)。
TCLのように自社ブランドを持つメーカーは、中国の中でも技術力が高いように思う。

動画が見られるTVは国内メーカー製の高価なモデルだけだったのが、今や32型にも搭載されてしまう世の中。しかも、フルハイビジョンは当たり前。
昔と違い、TVとて、技術革新がすごく、5年も経てば相当古くなるのだと実感している。

TVの色合いに関しても、国内メーカーですら結構マチマチ。ある程度、色合いは調整できるのだけれど、赤が嫌だとか、妙に白っぽいとか、こればかりは人の好みによるよな。
値段も安く、色合いも許容範囲だと思っている。いや、値段が安いのに、これほどまでの出来なのか!?と驚きを隠せなかった。

たまたまNETFLIXが初期設定で付いていたので、NETFLIXに加入してみた。別サイトの下記アーティクルにお得に動画配信サービスに加入する方法をまとめたので併せて見てもらいたい。

ネット環境があれば、家族団らんで楽しく見られるからいいよね。
NETFLIXに限らず、ABEMAなども無料で見られるし、Amazonプライム会員なら一部の動画は見放題。こういった大型TVで動画を見るのは最高だ。32S5200Aの大画面で動画を楽しもうではないか!

\お得で安いスマートテレビを買うならTCL/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次