MENU

Deco01ペンタブレットのレビュー お手頃価格で高性能なおすすめ板タブ!

きのぴぃ

この記事を書いた人(きのぴぃ)
部品メーカー広告宣伝記事
電気系の雑誌や無線雑誌の元ライターをやってました。
以前よりガジェット集めをやっており、本業(電子機器メーカー勤務)の知見を活かしたレビューが得意です。

XPPenのDeco01というペンタブレットをご紹介したい。このペンタブレットは、10 x 6.25インチの広々とした描画エリアとポルカドットデザインの裏面は、シンプルかつスタイリッシュなデザイン。
これは、制約なく創造力を発揮できる場となり、あなたが新しい技術やスタイルを試す自由を提供するだろう。さらに、その超薄型と人間工学的な設計は、長時間の使用でも疲れにくいという重要なファクターだ。

また、このペンタブレットに付属するスタイラスペンは、その機能と利便性でユーザーを魅了。これはただのアクセサリーではなく、デジタルアートの創造性を引き出す強力なツールとして機能する。その精密な筆圧感度とバッテリーレスの設計により、アーティストは細かいディテールから大胆なストロークまで、さまざまなスタイルのアートワークを簡単に作成できる。

ここでは、Deco01の特徴とその利点を深く探り、あなたが次のクリエイティブなプロジェクトでどのように利用できるかを見ていきたい。

目次

ペンタブレットの中で安価

昔々はPCやアプリは今のようによくなかったので、漫画を描く人は紙にペンというのが定説だった。しかし、今では、PCで漫画を描くのが当たり前になったよう。当然、ペンタブレットは必須の道具だ。
ショップに行くと、色々な物が置いてあり、液晶画面付きのタブレットなんぞも売っているではないか。

おいらの場合は、画像をちょっぴりいじれればいいだけなので、高価な物は不要だ。色々、探していると、amazonにお手頃なペンタブレットがあった。
それが、XPPenというメーカーのDeco01だ。

リアルショップで買おうとすると、名が知れたメーカーだと、このサイズの物は3万円位はするだろう。1万円以下だと、小さい物しか買えない(昔もそうだった)。
サイズも結構大きいようだし、お手頃価格なので、もし、気に入らなくてもいいや…という感じ。やっぱ、某国製は安いわね。

Deco01の特徴

Deco01は、イラストレーターやデザイナーが夢中になるような特徴が満載のペンタブだ。その魅力的な特徴をいくつかピックアップしてご紹介していこう。

1-1. シンプルかつスタイリッシュなデザイン

Deco01は、そのシンプルかつスタイリッシュなデザインで目を引く。境界がない描画エリアとポルカドットデザインの裏面が、クリエイティブな空間を演出してくれる。このデザインは、シンプルさと機能性の完璧なバランスがマッチしたもの。

境界がない描画エリアは、アーティストがキャンバス全体を自由に使えることを意味する。これにより、制約なくアイデアを表現でき、創造的な流れを妨げることなく、アートワークを作成できるのだ。

1-2. 作業エリアとその利点

10 x 6.25インチの広々とした作業エリアは、あなたのアイデアを自由に表現するスペースを提供。この広いキャンバスは、アーティストが描画、スケッチ、ペイント作業を行う際に、制約なく創造力を発揮できる場となる。

この広大な作業エリアの一つの利点は、細部まで注意を払いながら、大きなキャンバスでの作業が可能となることだ。これにより、アーティストは細かいディテールを失うことなく、大規模なプロジェクトにも取り組むことが可能となっている。

1-3. 超薄型と人間工学的な設計

わずか8mmの薄さと人間工学に基づいた設計は、長時間の使用でも疲れにくい。その超薄型デザインは、持ち運びが簡単であり、どんな作業スペースにも簡単に適合する。

この薄さは、デバイスを持ち運びやすくし、外出先や異なる作業環境での使用を容易とする。さらに、その洗練された外観は、作業スペースにモダンかつプロフェッショナルな雰囲気をもたらしてくれる。

次に、人間工学に基づいた設計は、長時間の使用でも疲れにくいという重要な利点を提供。この設計は、手首や腕にかかる負担を減らし、長時間の作業でも快適さを保つ。

付属のスタイラスペン

Deco01に付属するスタイラスペンは、その機能と利便性でユーザーを魅了する。このペンはただのアクセサリーではなく、デジタルアートの創造性を引き出す強力なツールとして機能するものだ。

スタイラスペンは、その精密な筆圧感度とバッテリーレスとなっている。これにより、アーティストは細かいディテールから大胆なストロークまで、さまざまなスタイルのアートワークを簡単に作成できる。また、バッテリーが不要なため、いつでもどこでも描画を楽しむことが可能だ。

このペンは、初心者からプロのアーティストまで、すべてのユーザーにとって非常に使いやすく、その直感的なデザインと使い心地の良さは、長時間の作業でも疲れを感じさせない。

2-1. 筆圧感度とその利点

筆圧感度は、デジタルアートの創造性と精度を大いに高める要素の一つと言える。Deco01は、8192レベルの筆圧感度を誇る。これは、ペンの軽いタッチから強いプレッシャーまで、幅広い筆圧を感知できることを意味している。

まず、高い筆圧感度は、細かい描画やレタッチ作業に非常に有効。これにより、線の太さや透明度を微妙に調整することができ、より自然な描画体験が得られる。特に、ディテールを重視したアートワークやリアリスティックなポートレート画像の作成において、この機能は非常に価値がある。

次に、高い筆圧感度は、表現力を向上させるものだ。アーティストは、筆圧の変化を利用して、感情や動きを表現。これは、アニメーションやコミックアートの創作において特に有用である。

2-2. バッテリーレスの利便性

バッテリーレスのスタイラスペンは、充電の手間を省き、いつでもすぐに使用できる利便性を提供する。この革新的なバッテリーレス技術は、アーティストが創造的な瞬間を逃さないようにする。
充電の必要がないため、アイデアが湧いたときにすぐに取り掛かることが可能。

さらに、バッテリーレスの設計は、デバイスの軽量化と持ち運びの簡便さを実現する。これにより、アーティストは外出先でも作業を続けることができ、インスピレーションが湧いた場所でいつでも描けるのだ。

Deco01のメリット・デメリット

【メリット】

タブレット自体大きくて書きやすい

付属品が豊富

価格が安い

【デメリット】

大きいが故、邪魔になるときがある

マウスに慣れた人は慣れが必要

微妙なタッチに手こずる

早速、スマホ画像をPCに取り込み、GIMPを使って、柿の木の後ろをボカしてみた。


GIMPで範囲指定する際、微妙なタッチ具合でメニューが出てきたりするよう。しかし、微妙な感覚のペンタッチに慣れさえすれば、いい感じ。

横にあるボタンはファンクションキーになっている。
Photoshopなどでも画像の切り抜きをする際、少し拡大したいと思うこともある。その場合、マウスで操作したりしかければならないが、そうすると、折角画像選択したものがキャンセルされてしまうのだ。
拡大縮小もボタン操作でできるので、これは本当に便利。

長年ペンなどの筆記用具に慣れた身であり、PCはマウス派なので、初めは混乱してしまった。しかし、慣れていくうちに、ペンの良さに気づく。字・絵をかいたりするのはマウスではなく、やはりペンなのだと。
いいペンタブレットがあると、作業環境は格段によくなる。

値段もお試しするのにお手頃な価格なので、まずは試してほしい逸品だ。

\書き味抜群お手頃価格のタブレット/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次